NENOX-S ブラックリネン 骨スキ

¥66,000(税込) ¥60,000(税抜)
¥66,000
ご希望の【刃の長さ】がない場合は、お問い合せフォームよりお問い合せください。
刃の長さ
朴鞘
数量
※ 配送先がアメリカ、韓国、中国、オランダのお客様は弊社の海外代理店までお問い合せください。
Detail

商品詳細

切れ味に特化した特別なソリッド材(全鋼)ステンレス鋼を採用した子の日の主力商品です。

  • 子の日本社工場 手研ぎ

    [手研ぎのこだわり]

    子の日の包丁は熟練の職人の手研ぎによる刃付けを施しております。ご購入後すぐに包丁の最高性能を体感いただく事ができます。
    全ての包丁を手仕上げで研ぐ事で、各包丁個体が予定通りの性能に仕上がっているかのチェックを厳格に行っています。

  • 熱処理のこだわり

    [熱処理のこだわり]

    長年の研究によって世界中の鋼材メーカーから厳選した鋼材をどのような熱処理をすれば理想の包丁性能に近づける事ができるか研究を行っています。一般的なセオリーを無視した子の日の熱処理のレシピは、温度を何℃まで「どの様に」上げるか。温度を何℃まで「どの様に」下げるかをも計算しています。包丁1本1本に均等に温度制御を行う特別な焼入れや、「クライオ処理(超々サブゼロ)」と呼ばれる-196℃への急冷といった熱処理を駆使し、各グレードで最高の包丁性能を実現しています。

  • NENOX ソリッド構成へのこだわり

    [ソリッド構成のこだわり]

    子の日は「ソリッド」と呼ばれる、切れ味のよい単一原材料の包丁構成を得意としています。(ソリッド構成)
    本焼、全鋼とも呼ばれるこの製法は、包丁の性能面を最大まで突き詰めた際に非常に難易度の高い製法となります。
    鋼材の性能を最大限に引き出し、製作段階/使用段階での包丁のゆがみ、曲がりが極めて少ない特徴があります。
    このソリッド構成は子の日が考えるシビアな包丁性能を実現します。
    子の日が研究と鍛錬の積み重ねの末に辿り着いた包丁の極みです。

  • 手仕上げによるハンドル作り

    [手仕上げによるハンドル作りの理由]

    上記ソリッド構成によって包丁性能を高めるためシビアな焼入れによる「繊細で張り詰めた刃作り」を行うと、溶接によるハンドル量産ができなくなります(刃折れのリスクが高まるため)
    そのため子の日の洋包丁は、溶接よりも何十倍もコストが掛かり、少量しか生産が出来ない「手仕上げによるハンドル作り」を行う必要があります。
    溶接によって金属を溶かす事ができないにも関わらず、沢山のパーツを【隙間無く】ハンドルを組み上げるために、子の日では超精密なステンスパーツ作りをも手仕上げで行います。各パーツが完全な平面同士で無いと隙間が見え、水が溜まり、サビや耐久性に悪影響がでます。それらを防ぐ精密なハンドル作りの技術は極めて高い難易度となります。
    また職人の手仕上げから生み出されるハンドルは「なめらかな曲面」で構成され、握った時に包丁の方から手のひらに吸い付いていくかのような手馴染みを実現します。

商品仕様

刃の仕上げ:ヘアライン仕上げ  鞘:朴鞘(オプション)

使用/メンテナンス方法

錆びにくい刃となっておりますが、使用後はすぐに洗って乾拭きしていただくと、より長く綺麗な状態を維持してお使いいただけます。
なお、食洗機には対応しておりません。

History

閲覧履歴